浮気の証拠をつかみたい③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再びチャンス到来。

休日にひとりで出かけるらしい旦那。

休日でプライベートだから家の車で移動するはず。
自家用車にGPSを仕込み、協力してくれる友人と待つ。

浮気相手は普通のOLではなく、よくわからないアート活動をしているらしい。
筆文字を書いた色紙やグッズやらを、個展を開いて販売しているらしい。
(みつを的なやつと言えばわかりやすいかな)
それが超絶うさんくさい。
書いている言葉もいかにも偽善者が書きそうな内容だし、
特に達筆というわけでもないし、何も心に響かない。
「みんなを笑顔にしたい」みたいな内容で
人の家庭を壊しといてどの口が言うねん。こっちは全然笑われへんわ。
と思っていました。
ここにリンク貼り付けてみんなに見てほしいくらいだわ。
やりませんけどね。

相手の悪口はこれくらいにしておいて…

その個展会場に行くのが予想できていたのですが、
案の定、車はその近くの駐車場で止まっていました。

現場に行き、張り込み。
バレないようにガラス張りの会場を車の中から様子を伺います。
密会の証拠写真を撮ってやろうと
一眼レフとビデオカメラまでバッチリ用意して待機。

時には車から降りて通行人を装って近くを通ってみたり。

でも旦那の姿が見当たりません。
近くにはいるはずなのに…。

二時間くらい経ったでしょうか。
旦那の車の位置情報が動き出してしまいました。

おそらく個展には立ち寄ったものの、
わたしたちが到着する前にそこを出ていたようです。

でも会場には浮気相手がまだいる様子。

彼女が出てくるのを待つことに。

その日は個展最終日だったので、
もしかしてあとで落ち合って二人で打ち上げに行くのでは?
といろんな可能性を考え、とりあえず彼女の方を尾行することに。

個展が終わり、彼女が車で駐車場から出てくるのを確認し、
車を発進させたまでは探偵っぽくて良かったんですが、
なんと一つ目の信号につかまってしまい、
相手の車は行ってしまいました…。
尾行も失敗。

尾行って本当に難しいんです。
当たり前だけど、
ドラマでやってるようにはいかないんです。

その時に協力してくれた友人は実は過去に興信所で働いた経験がありました。
と言ってもアルバイトだったし、ずいぶん前の事なのですが。
友人曰く、車とバイクとでの2台で尾行することが多かったと。
やはり車だけでは信号や渋滞に引っかかってしまうことがあるからだそうです。

プロでもそれだけの人員を割いてやるんだから、
素人の尾行なんてうまく行く確率低いですよね…。
身をもって知りました。

でも探偵や興信所に依頼っていくらくらいかかるのか不安で利用しませんでした。
でも自分で浮気調査をするのって体力的にも精神的にも相当なダメージです。
時間も労力も半端ないし。
しかも成功率も低い。

もう一度あの時に戻って同じようにやるかって聞かれたらしないと思います。
一番良いのは知り合いなどの探偵・興信所にお願いするのが良いと思いますが、
中々知り合いにそんな人いませんよね。
わたしもいません。

無駄に調査費を搾り取るような悪徳なところも多いと聞くので、
探偵社選びは慎重にしたほうがいいと思います。
東京探偵社ALGのような
弁護士が代表の探偵会社というのは信頼できる要素のひとつかもしれません。
しかも一時間から調査をしてくれるので、お試し感覚で利用してみるのもアリですね。
明確な料金体系もイイ。




全国に拠点がある大手も安心ですね。
とってもリアルな証拠写真の例が載ってあります。
実際にどうやって調査するかの動画もあってわかりやすい。



その友人が教えてくれたのですが人を尾行するときは
足元を見るといいらしいです。
その人自体をじーっと見ていると
人間って視線を感じるらしくて、バレてしまう可能性があるからだそうです。

自分で尾行して浮気の証拠をつかもうとしている方に参考までに…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。